POSレジとは

POSとは、販売時点(Point Of Sales)という意味で、販売情報を即時に管理するシステムのことです。 この管理された販売情報は、様々な経営判断をする指標に加工され、これまで“勘”で判断されていた事や、エクセルで何時間もかけて計算されていたお店の現状が、リアルタイムにしかもほぼ全自動で見ることができます。

POSレジ導入のメリット

レジ入力ミス、商品付け忘れ、商品名入りレシート発行など、顧客へ不信感を与えることがなくなります。オペレーション簡素化のため人件費が削減されます。売上計算などの締め作業自動化のため社員労働時間が削減できます。 売上集計、人件費集計、原価集計、利益計算などが自動化されるため本部の経理作業量が激減します。商品出数、販促効果、時間別売上、曜日別売上げなど経常情報をリアルタイムに見ることができます。

飲食専用のPOSレジの登場

元々POSレジはスーパーなどの物販店で使用されていました。これを飲食で使おうと思っても、見たい指標が全然違うこと、物販はお客様がレジまで来るが、飲食店では注文を取りに行く必要があることから、飲食店用のレジが開発されました。
現在飲食店用として販売されているものは物販レジをカスタマイズして飲食用としているものと、はんじょうPOSレジのように初めから飲食専用として開発されているものがあります。

スタッフを育てる

飲食店専用に進化したPOSレジは飲食店で管理する数字が全て揃って自動計算されます。売上目標対比、今日の人件費、今月の人件費率、食材原価、ドリンク原価、時間ごとの人時売上高、曜日別売上、広告費の費用対効果、スタッフ別売上、現金過不足金、月次損益計算書などなど、、。
もう苦手な数字の計算方法を教える必要はありません。
スタッフ数字の意味だけを覚え、自動計算されたその数字を経営に役立ててください。

更に便利な機能も搭載

POS(販売時点管理)レジによって、いつ誰が何を販売をしたか、、、
初めはこの程度の情報だけだったのが、タイムカード情報、スケジュール作成、顧客管理、予約管理、不正防止監査、仕入れ・小口現金管理、入金管理、経費管理に至るまでPOSレジ1台で行い、損益計算書まで出せるようになってきています。
この情報を給与ソフト、会計ソフトに読み込ませれば、ほぼ全自動で飲食店経営の全てができることになります。

お問い合わせは0120-90-5199または

お問い合わせ